勤務地が台湾という求人にリーチするには

台湾を勤務地として働きたい方

salaryman-taiwan.jpg台湾で働きたいけど現地に移住してまでとは考えていない方は一定数いらっしゃいます。

いわゆる駐在員として台湾に赴任して数年過ごすような働き方を望んでいるという事ですね。


台湾の親日性や整った生活環境に、観光地の側面なども魅力で、台湾での勤務を希望する方が多いのです。

では、勤務地が台湾という求人にリーチするにはどうすればよいでしょうか。

当然ですが

→ 台湾に法人を置く日本の会社が出している求人を探す

という事になりますね。

求人を探すのは人材紹介会社を使えばよく、登録すれば無料で求人を紹介してもらえます。

また担当者が付き、人事の方との橋渡しを行いますし、書類作成や面接対策も協力してもらえるので採用の確率も高まります。


ただしどの人材紹介会社でも勤務地台湾の求人を保有している、というわけではありません。

昨今の日本企業の台湾進出は大手に加えて飲食・サービス業などの中小企業が増えています。
 

どんな人材紹介会社が勤務地が台湾の求人を保有しているか?



◯日系企業との取引数が多いこと

◯グローバル市場に力を入れていること

◯グローバルとはいえ、国内で転職活動ができること


この3つを抑えれば可能性が高くなります。


お勧めは「Recruit Agent」で、リクルートの子会社が手掛けるサービスの1つです。
bizintro.jpg

こちらは海外や外資系で働きたい人を応援するサービスを提供していますし、求人数や取引企業の母数も豊富なので最も可能性が高いと言えます。

台湾で勤務したい!公式サイトから登録する方はこちら


勤務地が台湾、という事は駐在員を募集している企業ですよね。

一般的には自社内から適任の人材を台湾に派遣する事になりますから、最初からそのような人材を公募するような求人情報は簡単に出ているとは限りません

求人を手広く探すことと、見つけたらすぐ応募できる柔軟性がある人のほうが採用の確率が高いです。

 

名指しのお目当ての会社がある方は


kinmu-taiwan.jpg台湾に進出している日本の会社を既に知っている、自分自信のこれまでの職務経歴がマッチしている、目当ての会社があり、そこで就労すれば勤務地が台湾になる可能性がある、、、

このような方は直接その企業HPの中途採用情報をチェックしてみましょう。もし何らかの求人募集が出ていればチャンスですのでコンタクトを取ってみましょう。

但しすべての求人が公開されているとは限りません。

人事部ではHPで人材を公募せず、人材紹介会社に一任している場合もあるのです。求職者が一斉に集まると応対しきれないので、適任の人材を紹介してもらえるように依頼している、というわけですね。

ですので、このようなケースもあるので勤務地が台湾という求人を探すには上記のように情報を整理・入手していくのがスムーズなのです。

ぜひ台湾での勤務を成功させてください。