勤務地が台湾という求人にリーチするには

ハイテク産業の勤務地には様々な外資系企業が入居している

台湾にオフィスを構えていたり、営業所や支社が進出している外資系企業は、業務の内容ごとにそれぞれエリアが集中していたりもします。
 
台湾地場企業だけではなく、日本を含む多くの外資系企業が進出していたり、台湾企業とグループを組んで会社を設立している、ハイテク産業に関わる企業が集中している場所が科学工業園区なのです。
 
何故、ハイテク産業に関する企業が集中しているのかというと、このエリア内にある企業でしたら、必要な物資や部品、原材料、燃料などといったものの輸入税が免除されたり、輸出品に対する消費税も免除されるからというメリットがあるからなのです。
 
科学工業園区は一箇所ではなく、まず1980年に新竹科学工業園区が作られたのを筆頭に、その後1996年には台南科学工業園区、台中科学工業園区も作られました。
 
現在ではおよそ400もの企業が科学工業園区内に入居していて、集積回路やコンピュータ周辺機器、通信や光電、そして精密機械、バイオテクノロジーといった大きく分けると6つの分野になっているのです。
 
ハイテク産業に関する企業にて台湾での就職や転職を希望する場合には、こうした科学工業園区内の企業で働くということがメインになるかと思います。
 
どのエリアなのか、そして何処の国の企業なのか、さらには採用された場合の待遇面などもいろいろとチェックしてみると良いでしょう。
 
日本でもよくお馴染みのASUSやHTC、日系企業が現地採用としての求人募集をしていることもあります。