勤務地が台湾という求人にリーチするには

以前よりも給料は少ないが裕福な暮らしが出来る駐在員

日本と台湾は経度の差が少ないため、時差が一時間ほどしかないのも日本人にとっては大きなメリットのひとつです。
飛行機に乗って現地に着いても時差ボケに悩まされることなく、着いたその日から有意義に活動できます。

また、台湾は親日家が多いことでも有名です。日本が統治していた時代、台湾では日本語を教えていたのでご年配の方などは日本語を話せる人が多いです。もちろん、郷に入っては郷に従えですので、コミュニケーションをとるには現地の言葉を勉強するのにこしたことはないです。
また、近年の漫画やアニメの影響もあって、ご年配の方だけではなく、若者も日本の文化を好んでいる人が多いです。
こういった事がひとつの会話のきっかけになれば現地の人達とも有効的な関係を築きやすくなるはずです。
アメリカや欧米諸国と比べても治安は悪くなく、テロの可能性も低いです。
駐在員のお給料についてですが、現在の海外の駐在員のお給料は昔よりよくありません。
これは時代と経済の流れなので、どの国でもあまり変わりありません。

しかし、台湾では物価が安いのでお給料の額が昔より低くても貯えることは十分に可能です。
また、料理はおいしく、食べ物が全体的に安いため、食費の面ではかなり助かります。
外国製のビールも日本より安く売っているので、夜のお付き合いの時には助かるでしょう。
また、近年の原油価格暴落により台湾ではガソリン代がより安くなりました。

現地では日本語により予約が出来るレンタカー屋さんもあるので、車を利用した場合にはガソリン代の安さがお財布に優しいです。
国際運転免許証が使えませんが、日本の運転免許証とJAFが発行した免許証の中国語翻訳文があれば日本人でも運転は可能です。
海外で働く場合、現地の方との交流、現地の治安、物価の面等、頭を悩ませることが多くありますが、それらをすべて考慮しても日本人にとって台湾は働きやすく過ごしやすい環境が整っています。